あなたの古いカトラリーに新しい外観を与える

古道具をリメイクする

カトラリーは時間が経つと光沢が失われ、使い勝手が悪くなってしまうことがあります。 リサイクルのヒントはたくさんありますし、クリエイティブな趣味を持つことで良い結果を得ることができます。 そのため、フィモペーストを使って花や小動物のモチーフでハンドルを飾ることで、簡単にカトラリーをカスタマイズすることができます。 創造性を十分に発揮することで、美しいプレゼンテーションを行うことができますが、これらのヒントに従うことで、これを実現することができます。

カトラリーをカスタマイズする際の注意点

カトラリーをパーソナライズし、ホームデコレーションの要素として使用するためには、次の材料が必要になります。
- 生地圧延機
- 袖を飾るための緑のフィモペースト、および所望の結果に応じて他の色。
- メスや鋭利なナイフで切り取るもの
- ナイフだ
- フォーク
のために 転がり出す次のステップは、きれいなエッジを作るために側面の直角を削ってエッジを水平にすることです。 これにより、カスタムカトラリーが手の中で安定して滑りにくくなります。 最終的に期待通りの仕上がりになるように、これらのステップを踏むことが非常に重要です。

装飾の見直し

残りの部分については 創造的余暇カトラリーの柄の部分に生地を巻きつけ、端が隣り合うように均等に巻いていきます。 フォークの場合は、まっすぐではないことが多いので、形状を考慮してコーティングします。 この段階で装飾を施すことで、カトラリーを個性的に見せることができます。 コイルを作るには、生地から薄いソーセージを作り、それを形にするだけです。
カスタマイズの最後の仕上げは装飾です これを行うには、装飾を忘れずに見直すカトラリーの持ち手にコイルを置くだけです。 ご希望のテーマに応じて、装飾は形や他の色でカスタマイズすることができ、より簡単に美しい調和を作り出すことができます。
カトラリーの光沢がなくなってきたり、使う気がしなくなってきた場合は、カトラリーの持ち手をフィモのポリマー粘土でデコレーションするカスタマイズが一番です。 大切なのは、適切なインスピレーションを見つけることと、カトラリーの光沢が出すぎないようにすることです。 創意工夫 このテーマを扱っているサイトを見ていると、自分でも再現しやすいヒントを見つけることができます。 自分の好みに合ったものを使うのは人それぞれです。